HOME>イチオシ情報>足などに出る太く浮き出た血管には要注意です

種類や特徴をしって治療開始

下肢静脈瘤

下半身、特に足に出来やすい病気の一つに下肢静脈瘤があります。足の静脈の血管に血液が徐々にたまっていき、血管がぼこぼことしたこぶ状に膨らんでしまう病気です。症状は大きく分けて4つあります。ぼこぼことなってしまう大伏在静脈瘤、側枝型静脈瘤、青や紫いろに浮き出る網目状静脈瘤、くもの巣静脈瘤まで色々なタイプがあります。大伏在静脈瘤は、ぼこぼことした血管が自体に原因があるわけではなく足の付け根やふくらはぎに問題があります。側枝型静脈瘤は大伏在静脈瘤よりも、血管自体が細く範囲も狭いです。網目状静脈瘤は血管のぼこぼこはないです。皮膚の浅い所にある静脈が拡張してできています。くもの巣静脈瘤は、皮膚のすぐ下の静脈が拡張してできていて、血管のぼこぼこはないです。

完全に治すためには

脚

下肢静脈瘤は、ぼこぼことなった血管のある大伏在静脈瘤、側枝型静脈瘤では、レーザーの手術をして治療するのが一般的です。命に別状のない病気ではあるのですが、足がだるいとか、こむら返りが起こりやすい等の生活の支障もでてきます。すっきりと改善するのであれば、手術をするのが一般的になっています。今は日帰りで手術を行ってくれる所がほとんどなので、治療後も通院だけですむのが特徴です。

日々の生活で改善

脚

下肢静脈瘤の中でも、網目状静脈瘤とくもの巣静脈瘤については、手術の必要はないです。診察してもらっても、しばらく様子を見る形になります。見た目に気になるのであれば、手術等も行っています。予防をするのであれば、直圧式のソックス等をはいて、血流の流れをよくします。座ったままの作業の人や立ち仕事の人に多い病気なので、むくみ等を改善する体操を毎日行っていると、予防になります。足をぶらぶらとさせる体操が効果的です。

広告募集中