HOME>特集>症状が出た際には詳しい検査を受けることによって原因が分かる

専門医を探そう

脳

先天性の疾患は色々ありますが、脳動静脈奇形は症状の度合いも様々です。大人になってから症状が出るのではなく、乳幼児期に出ることが多いので、親が子どもを見ている中で異変に気づくことが多いです。主な症状は頭痛や痙攣ですが、頭痛は子どもの場合に伝えることができないので、機嫌が悪いなどの感情面でチェックをするしかありません。痙攣が出た場合には詳しい検査をすることが多いので、脳動静脈奇形に気付くこともありますが、専門医ではないと診断が難しいということもあるので専門医を探す必要があります。

どんな治療を行うのか

脳動静脈奇形が分かった場合、ガンマナイフで治療を行うということが多いです。頭痛や痙攣を緩和させる薬を処方することもありますが、それだけでは根本的な治療にはつながりませんし、悪化をすると脳出血を起こすことになり、最悪の場合には心肺停止の状態に陥ってしまうこともあります。常にリスクを抱えていることが精神的な苦痛になってしまうので、積極的な治療を受けたほうがよいでしょう。しかし原因がはっきりしていないので、ガンマナイフで完治出来る場合とできない場合があります。ガンマナイフ適用なのかどうか医師に判断してもらう必要があります。

広告募集中