以前の生活を取り戻すためのステップ

脚の治療

誰にでも突然訪れる恐れのある脳梗塞の治療を行った後に必要なのが、以前の生活を取り戻すためのリハビリです。一言で脳梗塞のリハビリと言っても、画一的にこれをやるという内容はなく、患者ごとにカスタマイズされたリハビリ内容になる事がほとんどになります。脳梗塞でどんな後遺症が起こってしまうかは、患者の年齢や既往症等によって細かく分かれ、申告する体の不具合に合わせなければいけないためです。内容自体に画一的な内容は無くても、脳梗塞の発症からの期間によるリハビリ内容はある程度決められています。大まかに分けてリハビリの段階には、急性期・回復期・維持期の3ステップがあります。脳梗塞発症直後の急性期では、軽い運動等でどんな点の症状が重いのかの確認等を、回復期には依然出来た事を改めてやってみる等の内容が行われます。そして維持期では、完全に日常を取り戻すための行動をして徐々に以前の自分に戻れるようにします。

どのような点を大事にするのか

どんな行動を起こす時もどこを大切にして動くのかという事を考える必要がありますが、脳梗塞発症後のリハビリにおいても例外ではありません。リハビリの際に大事にする点の一つに、日常生活を極力自力で行えるようにするという点があります。特に発症直後の急性期リハビリ等では、麻痺が起こっていない部位を使い、なるべく自分で出来る事は職員等の力を借りながら行うのを大事にします。そうしないと、回復期にスムーズに移行出来ない等の問題があり、最悪の場合寝たきり等になりかねません。さらに、病院で行えるリハビリの期間が限られているという事情もあります。そういった意味でも、脳梗塞発症直後から、日常を意識した行動をするという事は極めて大事なのです。

具体的にどんなことをするのか

では、具体的に脳梗塞発症後のリハビリというのは、具体的にどんな事をしていくのでしょうか。まず、急性期では次の回復期に進んでいくための離床が出来るような行動を取っていきます。例えば、右腕にしびれが残っているという場合には、右手以外を上手に使いベッドから起き上がり行動出来るようにします。急性期は治療後3週間前後と言われ、その間に支えられながら歩行をする等、出来るだけベッドから離れられるようにしていきます。次に回復期は、徐々に日常を取り戻すため日常動作や言語をつかさどるリハビリ内容です。立ち上がって物を取る、相手に今の気持ちを伝える等といった事を、言語聴覚士等の資格を持つスタッフと一緒に行っていきます。そして最後に維持期では、回復期のリハビリを継続しながらさらに踏み込んだ内容に進みます。軽い体操や他の患者等とのレクリエーション、さらには自分が脳梗塞発症前に行ってきた趣味等、徐々に日常を取り戻していきます。

広告募集中